新時代の空間体験 - VR

VRとは?

VRというのは「Virtual Reality」の省略です。日本語に訳すと仮想現実です。

実在しないものを、いかにも現実かのように見せる技術のことです。

近年ではHMD(Head Mounted Display)という最新のVRを見るメガネの技術発達と商品普及により、VRがより身近な存在になってきました。

峰設計は近い未来には、誰もがHMDを持ち、当たり前のようにVRを使いこなせるようになる日が来ると信じ、VRの開発を進めています。

VRでできること

・まだ存在しない建築/室内空間を、自由に歩き体験することができる。

・仮想の室内空間に自由に家具を配置したり、壁の材質などを変えることができる。

・モデルハウスやショールームなど、実在するが遠距離にある空間を体験することができる。

・難しい実践をする前のシミュレーションを行うことができる。

・お化け屋敷やジェットコースターなど体験型ゲームを遊ぶことができる。

峰設計ができること

峰設計は上記すべてのVRを創る技術を持っています。

クライアントのアイディアを形にし、唯一無二のVRを創り上げます。

なお、現実世界と見間違えるほど高いクオリティは、峰設計にとっては前提条件です。

従来の建築界ではスケッチやCGパース(静止画)などでデザインを伝えてきました。

ですが、今人々が手元のスマホで見て楽しんでいるのは動画など動きのあるものです。

峰設計は、建築界も動き出すべきだと思っています。

さらに、現代の人々に必要とされているのは新しい「体験」です。

その、動きと体験を同時に実現することができるのがVRだと思っています。

峰設計のVRは、今までとは全く違った新しい体験と感動をもたらしてくれることでしょう!​

© 2023 by Demi Watson. Proudly created with Wix.com